O.K.の語源

幾つかの説がある。


  1. all correct の略。

    アメリカ第7代大統領(アンドリュージャクソン)が、all correct に対する自分の綴り方である oll kurrect を略してO.K.と書いたからというもの。アメリカでは今でもこれを信じている人がいる。



  2. Old Kinderhook の略。

    アメリカ第8代大統領の生地ニューヨーク州にあるオールド・キンダーフックを略からきたというもの。

    民主党のオーケークラブ(The Democratic O.K. clulb)のO.K.は、1840年のヴァン・ビューレン派のスローガンであった。


  3. 黒人起源というのもある。

    1818年頃のジャマイカ語の oh ki から来ているというもの。

    1975年オランダから独立したスリナム共和国の okee という語から来ているというもの。

    しかし、これらは怪しいとされている。

  4. アメリカの28代大統領(ウイルソン=国際連盟の提唱者)が処理済の書類の表紙に認可の印として署名しその側に「OK」(万事異議なし)と書いたのが始まりだとするのもある。
    アメリカ人は口語を筆記するとき口語通りに書く習慣があるから、というのである。借用書のIOU(I owe you)を例に出す。





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。