聖書から貰った名前も多い


聖書由来の名前

Benjamin ベンジャミン。男性名でありヘブライ(=イスラエル=ユダヤ)語に由来する「最愛の息子」という意味。旧約聖書のヤコブの末息子ベニヤミン。愛称は、Ben ベン、Benny ベニー。

David デイビッド。男性名でありヘブライ語に由来する「心から愛された」という意味。旧約聖書のダビデ。

Elizabeth エリザベス。女性名でヘブライ語に由来する「神は誓いである」という意味。旧約聖書では、エリシェバ(モーセの兄弟の妻)、新約聖書では、エリザベト(洗礼者ヨハネの母、エリシェバに由来するギリシャ語でラテン語を経由して英語のErizabeth)。

Matthew マシュー。男性名でヘブライ語に由来する「神の贈り物」という意味。キリストの12使徒のマタイの英語名。

Peter ピーター。男性名でギリシャ語に由来する「石・岩」という意味。キリストの12使徒のシモンにキリストが与えた名前のペテロ(キリスト教会の基盤を築いた)の英語名。

Sarah サラ。旧約聖書のアブラハムの妻(元はサライといった)。ヘブライ語の「王女」という意味。アブラハムとの間にイサクを生み、イサクはヤコブ(息子)を授かる。

Judahユダ。英語名Jude(ジュード)。ヤコブの息子の1人の名である。「主をほめたたえよう」という意味。
最近ナショナル ジオグラフィック協会の支援する専門家の国際チームがユダの福音書を鑑定・翻訳したのが話題になった。そこでは、ユダはイエスの命令によりイエスを官憲に引き渡したという。これからの論議を待ちたい。
ユダがイエスを知らせるためにしたキスを「死のキス」(kiss of death)というが、この表現も変わるかもしれない。

1960年代のピーター・ポール&マリーはアメリカのフォーク・グループ。
ヒット曲は、「パフ」「500マイルも離れて」「花はどこへ行った」など。
名前はそれぞれ、
ピーター・ヤーロー、ポール・ストゥキー、マリー・トラヴァース。
キリストの聖人と関係する。
ピーター、ポール、マリーは、
ペテロ、パウロ、マリア。

ペテロは、12使徒のひとり。
マリアは、キリストの母。
パウロは、キリスト教をユダヤ社会の外に広げた。(パウロは生前のキリストに会った事はなくむしろキリスト教迫害の側の人であった。)

パウロの書簡(実際に書いたもの)。
「コリント人への第一、第二の手紙」
「ガラテア人への手紙」
「フィリピ人への手紙」
「フィレモンへの手紙」
「ローマ人への手紙」
など、どれも新約聖書に入っている。

そして、これらはイエスの生涯について記した「福音書」に先立つ。






×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。