どう違う、場所の in と at

1、He is in the house.
2、He is at the house.

訳は、両方とも
「彼は家にいます。」

違いは、in と at が使われていることだけ。

in は、「あるものの内部に」という意味がある。
at は、「あるものの接触する地点」という意味合い。

したがって、
1、の場合は彼は家の中のどこかにいなくてはならい。
2、ならば家のある地点だから、庭にいてもいいし、家の中でもいい。

(こんな説明なら at の方が広い感じがするが、そう感じてはいけない。in は環境の中に、というイメージでも使われる。)


arived at London なら到達点(駅か港など)が想像されるが、
arived in London ならロンドンについたあとの市内のどこかにいて、そこでの環境の中にいるイメージが想像される。











×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。