映画の英語はどうなんだ

1本の映画に含まれている単語数の平均は8,860語ぐらい。
ただし、これは映画により大きく違う。

しかし、単語の種類は大きな差はなく、
1000から2000語ぐらい。

この単語が繰り返し使われ、平均8,860語ぐらいになる。

使われている単語のレベル。
映画では、79.8%が中学で習う1000語ほど。
4.9%が高校初級で習う1000語。
4.3%が高校中級・上級の2000語。
11%が上記に該当しない語彙、固有名詞など。

約8割が中学で習う単語で出来ている。





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。