映画 「ある愛の詩」のテーマ曲。




日本語より端的なSVO表現で迫るのが、
She fills my heart
She fills my soul

胸がいっぱいで苦しくなることもあるし、精神(魂)が支配されることもある。
キリスト教が支配した中世ヨーロッパでは、恋愛感情は痛みとして、良くないものとされていたともいう。

歌詞中、理解しがたいのが、3行目。
「older than the sea」このold は、「古い」と理解するのがよいのか、
懐かしさ表現と理解するのか、他の理解があるのか…
ちなみに、ビージーズ(bee gees)の「855-7019」という曲にも、
our love is older than the sea
というフレーズがある。
いずれにせよ、「愛が海より古い」では、日本語にはならない。
結局下記の日本語歌によるのが良いのかもしれない。


Where do I begin to tell the story
Of how great a love can be
The sweet love story that is older than the sea
The simple truth about the love she brings to me
Where do I start

With her first hello
She gave a meaning to this empty world of mine
There'd never be another love another time
She came into my life and made the living fine
She fills my heart

She fills my heart
with very special things
With angel songs, with wild imaginings
She fills my soul with so much love
That any where I go
I'm never lonely
With her along who could be lonely
I reach for her hand. It’s always there

How long does it last
Can love be measured by the hours in a day
I have no answers now but this much I can say
I know I'll need her until the stars all burn away
And she'll be there

How long does it last
Can love be measured by the hours in a day
I have no answers now but this much I can say
I know I'll need her until the stars all burn away
And she'll be there


日本語で流行した日本語歌詞の歌が、次。

海よりも 美しい愛があるのを
おしえてくれたのは あなた
この深い愛を私は 唄うの
いつかしら 最初に声かけてくれた
あの時のあなたは 私の世界に
光といのちを与えた
大きな その不思議な力で
心みたし 愛してくれたの
私はもう こわくない
あなたの いる方へ
手を出せば とどくから
☆ もうなにも この世で欲しいものはない
美しい愛は続くの
星が夜空に燃え尽きる時まで

☆印〜 繰り返し





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。