並べられたら違いがわかるfor と to

1)I'll never forget what you did for me.
2)I'll never forget what you did to me.



for には、「〜の為に」という意味がある。
これが、to にはない。単に方向を示すのみである。

そこで、
1)「私にしてくれたことは決して忘れません。」(恩)
2)「私にしたことを決して忘れません。」(仕打ち)


ちなみに、
ペギーマーチの曲「忘れないわ」の1節

I'll never forget you.

懐かしい一節で終わり。






×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。