アメリカ語はやさしくなる?


英語を喋れない「アメリカ人」が増えている 

2000年に行われた国勢調査の結果

ニューヨーク市の外国生まれ移民とその子供の割合は増え続けており、総人口の60%となっている。


ニューヨーク市の外国生まれ移民とその子供の割合は増え続けており、総人口の60%となっている。
白人層も黒人層も減っている。増えているのがラテン系(ラティーノ)。

ハンバーガーの出前を頼むと配達のラティーノの男性がスペイン語でまくし立てる。
スペイン語はわからないと言ってもお構いなし。

ーーーーーーーーーーーー

こんな状況でアメリカに於ける英語の普及は、「やさしい英語」「易しい英会話」を普及させることが大事になる。







×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。